2歳戦の種牡馬リーディング

2019/07/01

 

皆様こんにちは。

ニューワールドレーシングの寺田です。

 

先週はニューワールドレーシング第2期生が遂にデビューを迎えるということで、落ち着かない1週間でした。

これから続々と2歳馬がデビューしますので応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

さて、その2歳戦ですが、開幕から1ヶ月が経ちました。

最近は新種牡馬の産駒の活躍が話題になっています。そこで今回は、新種牡馬の活躍ぶりをご紹介いたします。

現在はディープインパクトが4勝で首位を走っていますが

その後継種牡馬リアルインパクト、キズナの産駒もそれに次ぐ3勝と、目覚ましい活躍を見せています。

この2頭の産駒は馬産地でも評価が高かったので、ここからも着実に勝ち星を積み重ねていくはずです。

6月29日(土)に出走したリュッカは惜しくも4着でしたが、近いうちにこの勝ち星に加わってくれるはずです!

 

 

そして2勝でそれを追うエピファネイア産駒。

これまで勝ちきれずにいましたが、先週の新馬戦で2頭が勝ち上がりました。産駒の特徴としては、パワーのある走りが目立っております。

日曜日の新馬戦を勝ち上がったヤマニンエルモサは、大雨による道悪をものともしないパワー溢れる走りを見せておりました。

ニューワールドレーシング所属のエピファネイア産駒もここへきて力強さに一段と磨きがかかってきた印象です。

 

特にトレフルブラン(母ヤマノグラス)は須貝調教師も成長ぶりに大変驚かれていました(このページ一番上の写真はこの馬の先月の写真です)。

エピファネイア産駒の活躍も相まって、残口がかなり減ってまいりました!

入厩も間近ですのでお早めにご検討下さい。

 

 

 

ここからどの新種牡馬の産駒が台頭してくるのか非常に楽しみです。