矢作芳人調教師が通算600勝を達成!

2019/07/24

 

皆様、こんにちは。

ニューワールドレーシングの寺田です。

 

7月21日(日)福島競馬場11レースでリライアブルエースが勝利し、管理されている矢作調教師はこれで通算600勝となりました。

 

ラヴズオンリーユーでオークス、リスグラシューで宝塚記念を優勝され、上半期のG1を2勝するなど、今年は特に大活躍されています。

 

矢作調教師には現在、ウラカワノオトドリームライクエマの2頭を管理していただいています。

今年の2歳馬は、レアリザトゥール(母リリアンタイム)ブロードチョイス2017(父キングカメハメハ)の2頭を管理していただく予定です。

 

3歳馬の2頭は、残りのチャンスが少なくなってきていますので、「一戦必勝!」という思いが日に日に強くなっています。なんとか繋げてくれると信じています。

 

レアリザトゥールはムーア調教師の下、阿見トレーニングセンターで入厩に向けてゲート練習などを行っています。トップの写真にもありますように筋肉量も増えて馬体がスケールアップしました。

ブロードチョイス2017は主にBTCで乗り込みを進めています。2頭とも仕上がりの良さを評価していただいておりますので、入厩までの残りの期間、きっちりと仕上げて無事に栗東へ送り届けられるように努めます。

 

今のところ、我々は矢作調教師の勝利に貢献できていません。

矢作調教師や厩舎スタッフの方々と、共に勝利を喜び合える日が1日でも早く訪れるよう、これからもニューワールドレーシング全員で力を合わせて取り組んで参ります。