藤井勘一郎騎手がベアトリーチェに騎乗されます!

2019/07/06

 

皆様、こんにちは。

ニューワールドレーシングの寺田です。

 

最近は雨が続いていますね。雨が降る度、その週に出走する馬のことが心配になります。特に、馬体が完成していない2歳馬はできるだけ良馬場で走らせてあげたいので、毎日のように天に祈っております。

 

さて、今週末も天気と馬場状態が心配されますが、ニューワールドレーシングクラブ所属の2歳馬、ベアトリーチェ(母トップヴィーナス)がデビューを迎えます。新馬戦は「馬にレースを教える」必要がありますので、今後のキャリアを形成するうえでも特に重要な一戦と捉えております。そのため、レースを教えるのが上手な藤井勘一郎騎手にお願いしました。

 

そこで今回は、ベアトリーチェとコンビを組んでくださる藤井勘一郎騎手についてご紹介いたします。

 

奈良県出身
2001年:ニューサウスウェールズ州で見習騎手免許を取得。
2006年:同州で騎手免許を取得。
2007年:シンガポールで重賞初制覇。
2012年:韓国で重賞初制覇。
2013年:外国人騎手による初のコリアンダービー制覇を達成。また、約470戦中、一度も制裁を受けなかったことで、釜山慶南競馬場の「フェアプレー騎手賞」を受賞。
2015年:来日し、地方競馬の短期免許を取得。ホッカイドウ競馬の田中淳司厩舎に所属した。
その後、2016年から2019年まで毎年地方の短期免許を取得する。
2019年:JRA騎手免許試験に合格。デビュー初日から重賞に騎乗。翌週、JRA初勝利を飾る。

 

過去にはニューワールドレーシングオーナーズ所属のエピローグ(母ルイーズ)に騎乗していただき、ニューワールドレーシングに3頭目の勝利をもたらしてくれたジョッキーでもあります。

 

ぜひベアトリーチェでもよい結果を残していただきたいです。

 

今週はベアトリーチェを含む3頭が出走しますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします!