飛野牧場

2019/06/07

 

皆様こんにちは。

今回は、第86代ダービー馬ロジャーバローズを生産されました飛野牧場についてご紹介いたします。

 

主な活躍馬
ネームヴァリュー:2003年帝王賞(G1)
スマートロビン:2012年目黒記念(G2)
アイラブリリ:2013年京阪杯(G3)2着
ノーワン:2019年フィリーズレビュー(G2)
ロジャーバローズ:2019年日本ダービー(G1)

 

ニューワールドレーシングに初勝利、そして初重賞出走&初重賞制覇をもたらしてくれたノーワンの生産者でもあります。

 

血統に強いこだわりを持つ飛野牧場では、特に繁殖牝馬の輸入に力を入れていて、

 

ノーワンの母プレイガールは、1996年の日本ダービーを制したフサイチコンコルドと4/4同血であること

ロジャーバローズの母リトルブックは三冠牝馬ジェンティルドンナの母ドナブリーニの半妹であること

スマートロビンの母キーブギーはダンシングキイの全姉の子であること

 

に着目して、それぞれ海外から輸入された繁殖牝馬です。

 

産駒の活躍を期待して輸入した繁殖牝馬から、狙い通り活躍馬を出した飛野牧場。

2017年産のニューワールドレーシングクラブ所属馬ラザビー(母プレイガール)も、飛野牧場生産馬です。

ノーワンの半弟ということもありますし、我々も大きな期待を寄せている馬のうちの1頭です。姉や牧場の先輩に続いてほしいですね。

 

これからも飛野牧場生産馬の活躍に期待しましょう!