ハナズゴールの2018

ハナズゴールの2018
牡馬
鹿
2018年3月27日
牡馬
鹿
2018年3月27日
父馬 母馬 生産者 育成 産地 管理予定調教師
ドゥラメンテ ハナズゴール カナイシスタッド カナイシスタッド 浦河町 加藤士津八

募集価格の詳細

募集総額
5,800万
募集口数
40
残り口数
33 口
1口出資金
145万

写真

動画

血統表

血統表

ブラックタイプ

ブラックタイプ

おすすめポイント

名門ファミリーが生んだ超良血の二冠馬ドゥラメンテ。生産界待望の初年度産駒が、遂にターフに登場します。ドゥラメンテは、代々日本のチャンピオンサイヤーを掛け合わせられた血統だけに、クロスをつくりやすい種牡馬ですが、名牝クロス「ダイナカールの4×4」は非常に珍しいといえます。近年のダービーは母系が短距離型の馬が好走しておりますので、マイル以下の距離で活躍した母ハナズゴールのスピードはきっと武器になるはずです。母譲りの豪脚で、浦川の地へダービー制覇の吉報を届けてくれることでしょう。

  • 獣医報告書

    体高 157cm/
    胸囲 179cm/
    管囲 19.5cm
    体重436kg/
    測尺日11月28日

  • 心臓

  • ENDOSCOPE

    Heart

    左右披裂軟骨の動きに差異はなく、完全な外転が可能で維持されます。

VET COMMENT

右前第3中手骨矢状稜の骨片様物は、関節面から離れており、皮膚上の異物の可能性もあると考えられます。
左前内側種子骨の形状は、現時点では競走能力に大きな影響を与える可能性は低いと考えます。
右飛節の骨棘は、現時点では競走能力に大きな影響を与える可能性は低いと考えますが、要経過観察です。
左飛節の骨棘は、現時点では競走能力に大きな影響を与える可能性は低いと考えます。

X-RAY

左前球節(LF FETLOCK):内側種子骨の辺縁がやや不整です。
右前球節(RF FETLOCK):第3中手骨矢状稜近くに骨片様物がみられます。
右飛節(R HOCK):第3足根骨と第3中足骨に骨棘がみられます。
左飛節(L HOCK):第3足根骨に骨棘がみられます。